FC2ブログ
コンテントヘッダー

校区の防災研修に参加しました!

8月10日に、豊寿園のある門司区松ヶ江北校区で防災研修会があり、森園長、福田経理係長、森生活相談係長が参加しました。
今回の研修会は、9月2日に予定している校区全体の防災訓練の事前研修として、発災時に市民センターを避難所として立ち上げることを想定したHUG訓練を行いました。
当日は、校区自治会の皆さんの他、豊寿園と同じく校区内にある福祉施設関係者や行政、消防からも職員が参加し、北九州市危機管理室職員の指導の下、ゲームを進めました。

DSC_1056 00

このHUG訓練とは、静岡県が図上訓練の一種として開発した避難所運営ゲームで、住民が避難所運営を主体的に考えるためのツールです。避難者の年齢や性別、国籍、それぞれが抱える事情が書かれたカードを参加者(プレイヤー)に配り、避難所施設に見立てた平面図にどれだけ適切に避難者を配置できるか、また避難所で起こるいろいろトラブルなどにどう対応していくかを模擬体験するゲームになっています。参加者は、ゲームを通して災害時要援護者に配慮をしながら生活空間の配分を考え、部屋割りから仮設トイレの配置、炊き出しの場所などを設定していく。また、避難所生活のなかでのトラブルや、マスコミの取材対応といった場面も想定して、議論や話し合いを行うなかで、ゲーム感覚で避難所の運営を学んでいきます。HUGは、H(Hinanjo=避難所)、U(Unei=運営)、G(Game=ゲーム)の頭文字を取ったもので、英語では「抱きしめる、受け入れる」という意味となり、避難者をやさしく受け入れる避難所のイメージと重ね合わせて名づけられているそうです。
私たち豊寿園からの参加者も、地域の方々と一緒に色々な指示の書かれているカードに頭を悩ませながら避難所の運営方法を学びました。

DSC_1057 00

DSC_1059 00

9月2日の校区全体での防災訓練では、今回の学びを活かして実際に市民センターで避難所を立ち上げる訓練を予定しています。当日も豊寿園の職員はお手伝いさせていただく予定にしています。

豊寿園では、このように地域の方々と一緒に防災につとめています。
アクセスカウンター
ブログ閲覧者数:
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

日赤豊寿園

Author:日赤豊寿園
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR